本文へスキップ

マインドスキル 向上と転換

世に潜むサイコパスHEADLINE

Top > マインドスキル > 世に潜むサイコパス

 サイコパスは私たちの近くにいます。けれども残念ながら、こうした予防措置では十分と言えないでしょう。心理学研究から、サイコパスは日常的に私たちの間に交じっていることがわかっているのです。ある研究によると人口の約5パーセントがサイコパス的な傾向を示しているそうです。

こうした人々は、必ずしも犯罪に手を染めているわけではありません。しかし、少数とはいえ大きな意味を持つこうした人々は、共感能力の欠如や身勝手さ、罪悪感の欠落、たくさんの魅力など、サイコパスの本質的特徴を実際に示しています。


 日常に潜むサイコパスに出会わないようにする予防策は、ほとんどないかもしれません。けれども、遭遇する確率を下げられるかもしれない方法が、少なくとも
1つあるようです。特定の業界に足を踏み入れないようにするのです。


 サイコパスは社会のいろいろな場所に均等には散らばっているわけではないようです。ある調査によれば、サイコパスを引きつける職業があり、従事者に占める彼らの割合が平均よりも高い職業があります


 会社経営者、
弁護士メディア関係者(テレビ、ラジオ)セールスマン外科医ジャーナリスト警察官聖職者シェフ公務員です。


 ほかと比べて意外に思える職業が含まれていますね。例えば、聖職者にサイコパスの傾向があるなんて、誰が予想したでしょう? けれども、よくよく考えてみると、特別に神聖視される仕事には、自分自身を重要視することに取り憑かれた人々を引きつける力があるのもわかるような気がします。


 サイコパスが最も少ない職業は、他者に共感したり、他者の世話をしたりすることに重きを置く職業です。


 介護士、
看護師セラピスト職人美容師スタイリスト慈善活動家教師クリエイティブ・アーティスト医師会計士です。


 もし、あなたがサイコパスの多い職業に就いていて、サイコパスの疑いがある同僚が本当にそうなのか知る方法はないだろうかと思っているなら、こちらにサイコパスの特徴と行動に関する手頃なチェックリストがあるので、ぜひ参考にして下さい。>>>