本文へスキップ

マインドスキル 向上と転換

ストレス軽減マインドフルネスHEADLINE

Top > マインドスキル > ストレス軽減マインドフルネス

 

 マインドフルネスとは、瞑想をベースとした、エクササイズであり、瞬時に意識を集中させ、思考や感情を少し離れた所から自分を観察することを目的とした心理療法の一つです。


 マインドフルネス利用した療法やプログラムは、多種に利用されて、効能がでています。


 記憶力と学業成績を向上を目的としたプログラムでは、短期記憶や成績の向上が著しく効果が現れました。

 ストレスを減らし、慢性的な健康問題の改善を助けるプログラムは、慢性疼痛、ガン、心臓病などの患者の心身の健康をいずれも改善させることが明らかになりました。


 マインドフルネスによる瞑想は集中力や創造性の向上、不安やうつ病の軽減、人を思いやる心の向上など 、ストレスの軽減や免疫力を高める効果が期待されています。


 また、使い方によっては、瞑想による思考のコントロールは食事の量を調節し、減量や健康的な食生活に役立つ実験結果が出ています。